プロ棋士を目指す子供のための囲碁、特訓教室

囲碁クラブ「石心」  電話03−3980−5056

石心ロゴ対局風景

囲碁クラブ石心

プロ棋士を目指す子どものための囲碁特訓教室

毎週月曜日、プロ棋士を目指す子どものための囲碁教室がはじまっています。現在、プロ棋士の卵の院生が2名参加しています。

これからプロ棋士を目指す人も、プロ棋士の指導碁を通して実力アップを考えてみませんか?

指導は中国のプロ棋士の大会で7位になったことがある王輝六段が行います。王輝六段は、日本滞在も10年以上となり、日本語もとても流暢で、言葉の心配はありません。しかも、囲碁の本場、中国で鍛えられた、実戦感覚をそのまま伝授いたします。

プロを目指すのに年齢制限は?

プロ棋士になるのに一般的な方法は、日本棋院や関西棋院の院生になり、プロ棋士採用のリーグ戦で1位〜2位になる必要がある。

院生採用の目安は十四歳未満でアマ六段程度が必要で、志願者は棋譜を添えて応募、書類審査、院生師範(プロ棋士)との「試験碁」を経て合格すれば院生となれる。十四歳未満なら何歳でも、男女、国籍を問わずなれるが、在籍できるのは基本的に十八歳までとなる。

院生の他にも外来として、プロ棋士採用のリーグ戦に予選から参加する方法があり、23歳未満であれば、プロになるチャンスが開かれている。

外来でプロ棋士なった例としては、石倉九段、坂井七段などがあります。

教室ではどんな勉強をしますか?

王先生との指導碁、他の人との対局の手直しが中心になります。一流のプロが持つ大局観と石の方向、形勢判断などを吸収してください。

もとろん、手どころでの手筋、死活なども大切ですが、それらの多くは、普段の勉強がものをいいます。

王先生の指導の特徴は、プロ棋士の類まれな記憶力を生かして、指導を受ける人のこれまでの学習や指導の内容、現在の実力などを考慮して、その子のレベルに合った、今学習すべき内容を教える点です。是非、王先生の指導を受けてより高いレベルのプロ棋士を目指してください。

費用はどのくらいかかりますか?

プロを目指すといっても、プロ一歩手前の人から、アマチュア高段者といったレベルまでいろいろあり、指導のレベルも内容も変わります。費用の方も、その子の実力と目指す内容に応じて相談させていただきます。お気軽にご相談ください。

指導棋士 王輝六段

  • 中国棋院所属、1969年、上海生まれ、
  • 全中国大会7位入賞、1985年初段、1991年六段

囲碁クラブ「石心」に戻る

囲碁クラブ石心